メールマガジンの登録はこちらから

カリフォルニアで大人気女性医学博士、Dr.グレイス 共立薬科大学(現、慶応義塾大学薬学部)卒業。慶應義塾大学医学部大学院薬理学教室勤務。 専門は、薬学、健康科学、予防医学、アンチエイジング医学。医療健康美容の分野で多くの講演や教育に尽力、各学会や財団の評議員、理事を務めるすごい人なんです。 脳と体のアンチエイジング、ヘルシーエイジング、ビューティエイジングを通じて女性がより美しく輝いて生きるための生活術を提言しているDr.グレイス。
 

メールマガジンの登録はこちらから

 
実践!脳内美人 セロトニンいっぱいの幸せ脳でアンチエイジング!Drグレイス・著(ヒサヨ グレイス オースチン)

「30歳から始まっている! 肉体老化よりも怖い脳の老化」より

びっくりしないでくださいね。実は、400億個もあるといわれている大脳の神経細胞は、30歳を過ぎるころから、毎日10万個以上が死んでいくのです。

これでは忘れっぽくなったと感じても、しょうがないですね。そのままの状態で何もせずにいたら、脳細胞は死んでいくばかり。歳を重ねていくほどに物忘れはひどくなり、ついにはアルツハイマーや脳血管性痴呆症になってしまいます。

そうならないためには、脳をたくさん使うことです。
もちろん、めいっぱい脳を使うためには「脳のための栄養」もたっぷり補給しなければなりません。
毎日10万個の脳細胞を失うままにしていくのか、それとも、栄養に配慮して脳をたくさん使いながら若々しく元気に過ごすかは、あなた次第です。

 
本には書けないここだけの内容あなただけに限定配信!

メールマガジンの登録はこちらから


――まずはグレイス先生、2012年発売の『脳内美人』に続いて、第2弾、新刊『実践!脳内美人 セロトニンいっぱいの幸せ脳でアンチエイジング!』発売おめでとうございます。

グレイス(以下G):ありがとうございます。
この本は前著『脳内美人』の続編のような内容です。
『脳内美人』では、その名の通り脳内美人ってどういう人だろう、ということがテーマでした。
今回の『実践!脳内美人 セロトニンいっぱいの幸せ脳でアンチエイジング!』はもう少し踏み込んだ内容で、どうすれば脳内美人になれるのかという具体的な方法について書いてあります。

テーマはずばり、ハッピーホルモン。これは脳のなかで分泌されるセロトニンという物質で、これが充分に分泌されていると幸せな気分になれて、ストレスもやっつけるんですよ。このハッピーホルモンを分泌して脳内美人になるためには、何を食べたらいいか、どんなサプリメント選びをすればいいのか、どういう生活習慣をすればいいのか。そういったことをレッスン形式で解説しています。

――面白そうな内容ですね。今サプリメントの話が出てきましたが、どうしてグレイスさんはサプリメントの研究をはじめたんですか?

G:そうですね、一番は私が楽しく健康に生きたいから、でしょうか(笑) 
これまでライナス・ポーリング(アメリカの著名な化学者。ノーベル化学賞、平和賞受賞)をはじめ、様々な人と日米で研究してきたのですが、やっぱり年齢を重ねるにつれ、女性らしさってなんだろう、美しさってなんだろうと考えることが多くなったんです。

私ももっともっときれいになりたいし、世界中の女性がきれいになったらいいなって思って。だから、まずは自分用にサプリメントを調合してみようかな、と思いついたのがきっかけです。
自分が安心して使えて幸せにならなきゃ、そんなもの売ってもしょうがないでしょう?

――なるほど。それが今回のメールマガジンにもつながっているんですね。

G:ええ、もちろん。私は長いことカリフォルニアに住んでいますが、私は日本人ですし、日本というルーツを常に感じています。だから東日本大震災のときも、私はとてもショックを受けました。いくら海外暮らしが長くたって、私は日本人。私のからだに合うものは、きっと日本人の女性にも受け入れられるはず。

だからもっと私の情報を、もっともっと伝えたいと思って、無料のメールマガジンをはじめることにしました。日本のみなさんに気に入っていただければ嬉しいです。

――Dr.グレイスからのメッセージです!

G:ハーイ! グレイスです。日本の女性はきれいだとよく言われますよね。でも、もっともっと美しくなれるんです。「脳内美人」のあなたも、まだまだいける、そう思ってますよね? その手助けが少しでもできたら、私は幸せです。私のメールマガジンで、みんなで一緒に脳も体も肌も美しく輝きましょう!

さあ! あなたも今すぐ登録!無料のビューティー・メルマガが、あなたを待っています!

メールマガジンの登録はこちらから