聡明美人の安全性

S-アリルシステインは安全性が高く、スムーズに脳に到達する
S-アリルシステインは各研究機関によって様々な作用が確認されておりますが、副反応など健康上のデメリットの報告はございません。
同じにんにくの成分でも、アリインは口腔内でアリイナーゼの作用を受けアリシンになり、以後、分解してアリルスルフィド類を産生します。ジアリルジスルフィドなどは、強い抗菌・殺菌作用を持つ反面、非常に刺激が強く、胃腸にとって負担になる場合があります。また、アレルギー反応を起こしやすいというデメリットもあります。
S-アリルシステインはそうしたデメリットがなく、アセチル化という作用を受けて尿中に排泄され、吸収、代謝、体内動態、排泄機構が明らかにされている、きわめて安全性が高い物質です。胃腸が弱い人でも問題なく消化吸収され、肝臓を経てもS-アリルシステインの状態で、血液にのって全身のすみずみまで到達します。
ご購入はこちら
Copyright© 2014 nounai-bijin All Rights Reserved.