健康用語解説

あ行

アメリカニンジン

<アメリカニンジンとは>アメリカニンジン(亜米利加人参・学名Panax quinquefolius)は、ウコギ科の薬用植物。北アメリカ東部原産。根の部分を薬用と...

アミロイドβ

アミロイドβ(アミロイドベータ、英: Amyloid beta、略称: Aβ)は、アルツハイマー病患者の脳に見られるアミロイド斑の主成分として、アルツハイマー病...

亜鉛

<亜鉛とは>亜鉛(あえん、英: zinc、羅: zincum)は原子番号30の金属元素。元素記号は Zn。亜鉛族元素の一つ。安定な結晶構造は、六方最密充填構造 ...

AGEs

<AGEsとは>AGEs(エージス、エイジス、エイジズ、エージーイー)とは、Advanced Glycation End Productsの略語であり、終末糖化...

インドール

<一般的性質>インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。実際大便の臭い成分にもインドールが含まれる。ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレ...

エストロゲン

<エストロゲンとは>エストロゲン(米: Estrogen, 英: Oestrogen, 独: Estrogene)は、エストロン、エストラジオール、エストリオー...

S-アリルシステイン

<S-アリルシステインとは>S-アリルシステインとは、「にんにく」だけに含まれている成分で、イオウ原子を含む無臭の水溶性含硫アミノ酸です。S-アリルシステインは...

か行

ガラナ

<ガラナとは>ガラナ(ポルトガル語:guarana - グァラナ、学名:Paullinia cupana) は、ムクロジ科ガラナ属のつる植物。原産地はアマゾン川...

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸(コンドロイチンりゅうさん、chondroitin sulfate)は、動物体内にみられるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。通常、コアタ...

ククルビタシン

<ククルビタシンとは> ククルビタシン (cucurbitacin) はウリ科植物に特有のステロイドの一種であり、トリテルペンに属する。   &...

酵母

<酵母とは>酵母(こうぼ)またはイースト(英語:yeast)は、広義には生活環の一定期間において栄養体が単細胞性を示す真菌類の総称である。 狭義には、食品などに...

コラーゲン

<コラーゲンとは>コラーゲン(英語: collagen、ドイツ語: Kollagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ...

グルコサミン

<グルコサミンとは>グルコサミン(Glucosamin)は、グルコースの2位の炭素に付いている水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つである。<概説>動物にお...

クレアチニン

<クレアチニンとは>クレアチニン(英: creatinine, Cr, CRE, CREA)は、筋肉へのエネルギーの供給源であるクレアチンリン酸の代謝産物。血清...

ゴツコラ

<ゴツコラとは>ツボクサ(学名:Centella asiatica)は、セリ科の植物の一つ。 チドメグサに姿が多少似るが、大きくて丈夫。 ハーブ医療の世界ではゴ...

さ行

セレン

<セレンとは>セレン(英: selenium [sɨˈliːniəm]、独: Selen [zeˈleːn])は原子番号34の元素。元素記号は Se。カルコゲン...

ステロール

<ステロールとは> ステロール (sterol)、別名ステロイドアルコール (steroid alcohol) はステロイドのサブグループのひとつであり、A環...

ジンクフィンガー

<ジンクフィンガーとは>ジンクフィンガー(Zinc finger)はタンパク質ドメインの大きなスーパーファミリーの1つで、DNAに結合する性質を持つ。ジンクフィ...

セロトニン

<セロトニンとは>別名-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの...

た行

タウタンパク質

タウタンパク質(タウタンパクしつ、英: Tau protein)は、微小管を安定化するタンパク質である。ギリシャ文字の τ(タウ)を用いて、τタンパク質と表記さ...

テストステロン

<テストステロンとは>テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。<生成・分泌>哺乳類のオスでは...

タキシフォリン

<タキシフォリンとは>タキシフォリン(Taxifolin)またはジヒドロクェルセチン(Dihydroquercetin)は、フラバノノールの一つである。<天然の...

L-トリプトファン

<トリプトファン(L-トリプトファン)とは>トリプトファン (Tryptophan) はアミノ酸の一種である。ヒトにおける9つの必須アミノ酸の内の1つ。系統名 ...

な行

「な行」の登録されている用語はありません。

は行

ヘム

<ヘムとは>ヘム(英語: Haem、米語: Heme 英語 発音: [ˈhiːm], [ˈhɪm]、ドイツ語: Häm)は、2価の鉄原子とポルフィリンから成る錯...

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン(Phosphatidylserine、略称: Ptd-L-SerあるいはPS)は、リン脂質の成分であり、通常はフリッパーゼと呼ばれる酵素に...

フェルラ酸

フェルラ酸(フェルラ酸、ferulic acid)はフィトケミカルとして植物の細胞壁などに存在する有機化合物。ケイ皮酸の誘導体で、リグニンを構成する。また、他の...

ビタミンE

ビタミンE(vitamin E)は、脂溶性ビタミンの1種である。トコフェロール(tocopherol)とも呼ばれ、特にD-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的...

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸、英: hyaluronic acid)は、直鎖状のグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。学術上はヒアルロナン(英: hyaluro...

ビタミンC

<ビタミンCとは> 生理作用としてのビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的に(物質として)は L-アスコルビン酸(または...

ビタミンB群

<ビタミンB群とは> ビタミンB群とは、水溶性ビタミンのうち、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチ...

フィラグリン

<フィラグリンとは>フィラグリン(Filaggrin)は、表皮の顆粒細胞で産生される塩基性タンパク質の一種。<概要>皮膚のバリア機能に欠かすことのできない角質層...

プエラリア

<プエラリアとは>プエラリア(学名:Pueraria mirifica)は、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物...

プロテオグリカン

<プロテオグリカンとは>特殊な構造をもつ糖とタンパク質の複合体で、複合糖質の一種である。「プロテオ」はプロテインつまりタンパク質、「グリカン」は多糖類を意味する...

ま行

マンガン

<マンガンとは>マンガン(満俺、独: Mangan、英: manganese、羅: manganum)は原子番号25の元素。元素記号はMn。<名称>ラテン語で「...

メチルスルホニルメタン(MSM・ジメチルスルホン)

ジメチルスルホン(DMSO2)は、スルホンにメチル基が2つ結合した有機硫黄化合物である。メチルスルホニルメタン(MSM)とも呼ぶ。    ...

マカ

<マカとは> マカ(Maca; 学名: Lepidium meyenii)は南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。別名 m...

メラトニン

<メラトニンとは>メラトニン(英: Melatonin)は、動物、植物、微生物に存在するホルモンであり、また化学的にN-アセチル-5-メトキシトリプタミン(N-...

ムクナ(ハッショウマメ)

<ムクナ(ハッショウマメ)とは>ハッショウマメ(ムクナ)はマメ亜科トビカズラ属に属する植物で、ビロードマメ(Mucuna pruriens)の変種の一つである。...

や行

「や行」の登録されている用語はありません。

ら行

リコピン(リコペン)

<リコピンとは> リコピン (リコペン、lycopene 英語: [ˈlaɪkəˌpiːn, ˈlaɪkoʊˌpiːn]) は、カロテンの1種で、鮮やかな赤色...

リグナン

<リグナンとは> リグナン(lignan)は植物に含まれている化合物群の一種である。リグナンは、エストロゲン様作用を示したり抗酸化物質として働く植物エストロゲ...

LPS

<リポ多糖とは>リポ多糖(リポたとう、英: Lipopolysaccharide, LPS)は、グラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分であり、脂質及び多糖から構成され...

レスベラトロール

<レスベラトロールとは>レスベラトロール(英語:resveratrol)はスチルベノイド(スチルベン誘導体)ポリフェノールの一種。系統名は3,5,4'-トリヒド...

わ行

「わ行」の登録されている用語はありません。