健康用語解説

L-トリプトファン


<トリプトファン(L-トリプトファン)とは>
トリプトファン (Tryptophan) はアミノ酸の一種である。
ヒトにおける9つの必須アミノ酸の内の1つ。
系統名 2-アミノ-3-(インドリル)プロピオン酸。
略号はTrpまたはW。

側鎖にインドール環を持ち、芳香族アミノ酸に分類される。
蛋白質構成アミノ酸である。
糖原性・ケト原性の両方を持つ。
多くのタンパク質中に見出されるが、含量は低い。

ナイアシンの体内活性物質であるNAD(H)をはじめ、セロトニン・メラトニンといったホルモン、キヌレニン等生体色素、また植物において重要な成長ホルモンであるインドール酢酸の前駆体、インドールアルカロイド(トリプタミン類)などの前駆体として重要である。



<食品中の量>
基本的には食品中のタンパク質が多いほど多く含まれる。
したがって、肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳や乳製品などに豊富に含まれる。

またチョコレート、燕麦、バナナ、ドリアン、マンゴー、ナツメヤシ、牛乳、ヨーグルト、カッテージチーズ、鶏卵、家禽類の肉(ニワトリ、アヒルなど)、ゴマ、ヒヨコマメ、ヒマワリの種、スピルリナ、ラッカセイなどに含まれる、という報告がある。



引用:Wikipedia_トリプトファン
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3)
引用日時:2019年10月30日