健康用語解説

S-アリルシステイン


<S-アリルシステインとは>

S-アリルシステインとは、「にんにく」だけに含まれている成分で、イオウ原子を含む無臭の水溶性含硫アミノ酸です。
S-アリルシステインは生ニンニクを切ったり、すりおろしたり、つぶしたり、または熟成したときに、ニンニク内に存在する酵素によって生成されていきます。
とくにニンニクの熟成は、S-アリルシステインが増えるので最近注目されています。

名 称 :S-アリルシステイン
分子式 :C6H11NO2S
化学式名:S-アリル-L-システイン
英語別名:SAC

Allyl_cysteine

引用:Wikipedia_S-アリルシステイン
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%B3)
引用日時:2019年10月30日