健康用語解説

ヘム


<ヘムとは>
ヘム(英語: Haem、米語: Heme 英語 発音: [ˈhiːm], [ˈhɪm]、ドイツ語: Häm)は、2価の鉄原子とポルフィリンから成る錯体である。通常、2価の鉄とプロトポルフィリンIXからなるプロトヘムであるフェロヘムのことをさすことが多い。ヘモグロビン、ミオグロビン、ミトコンドリアの電子伝達系(シトクロム)、薬物代謝酵素(P450)、カタラーゼ、一酸化窒素合成酵素、ペルオキシダーゼなどのヘムタンパク質の補欠分子族として構成する。ヘモグロビンは、ヘムとグロビンから成る。ヘムの鉄原子が酸素分子と結合することで、ヘモグロビンは酸素を運搬している。

フェリヘムやヘモクロム、ヘミンなど、その他のポルフィリンの鉄錯体もヘムと総称されることもある。


引用:Wikipedia_ヘム
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A0)