健康用語解説

ボダイジュ


<ボダイジュとは>
ボダイジュ(菩提樹、Tilia miqueliana)とはシナノキ科の植物の一種。


<特徴>
中国原産の落葉高木。高さは10mほど。花期は6-7月頃で淡黄色の花を咲かせる。日本へは、臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったと伝えられる。日本では各地の仏教寺院によく植えられている。

釈迦は菩提樹の下で悟りを開いたとして知られるが、釈迦の菩提樹は本種ではなくクワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹、Ficus religiosa)のことである。中国では熱帯産のインドボタイジュの生育には適さないため、葉の形が似ているシナノキ科の本種を菩提樹としたと言われる。

またフランツ・シューベルトの歌曲集『冬の旅』第5曲「菩提樹(”Der Lindenbaum”)」に歌われる菩提樹は本種ではなく近縁のセイヨウシナノキである。


引用:Wikipedia_ボダイジュ
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A5)